一般はり・ゅう

IMG_0827.jpg
多肉植物

対応疾患 

全身治療

全身治療は、「はりを身体に当てる」という技術が根幹です。”はり"を身体に刺入せずに、身体の表面に軽く刺激を与えて、身体の気の偏りを調整する治療法です。皮下の経絡に影響を与えて、全身の気の異常にアプローチするものです。

人体は気の集まり、その気の偏りという「気の異常」が病いをもたらすと考えています。
いろいろな理由で、気の異常が生じると冷えが起こってきます。


★冷えとは、感覚的な冷感・筋肉の力の無い状態・機能の衰えなどです。
★発熱のように、異常に機能が興奮しているものも深部に冷えがあります。
 気の異常の治療は「腹診・脈の調整・背部の施術」を行います。
★背部を治療することによって腹部の状態が好転すれば、気の異常は徐々に解消します。
★身体の冷えが弱くなれば身体が温まることですから、身体の調子の状態が改善される力を得たことを意味します

局所治療

 

全身治療の補助治療及び単独の局所治療として、疾患部位に良い影響を及ぼす身体の反応点に鍼灸治療します。
局所治療は、”はり"を上肢・下肢・体幹・頸部などに刺入します。

はりきゅう治療が
お手伝い出来ることは

気の偏りの原因の疲れとは、栄養事情、人間関係、仕事の内容、罹った病気・治療などが元になります。

 

★疲れは体に次のような形となって現れます。
※腹部の痛み・しこり・拍動
※足腰の冷え・痛み、首・肩のこり、のぼせ(目・耳・鼻の病気、頭が痛い・重い)
※左右半身の冷え、しびれ、動作の異常

植物と本

腹部の気の異常

★ 東洋医学でいう「気」………

「気」とは働きだけあって形がないものとしています。

 

※《元気》 

元陰の気と元陽の気を包括したものです。

 

※《原気》 

腎(命門ツボ)に源を発し、丹田(関元ツボ)に蔵され、全身の器官組織を活動させる源泉です。

 

※《宗気》 

衛気と大気が結合して胸中に蓄積された気です。

 

※《衛気》 

体表を保護し外邪の侵入を防ぐ気です。

治療の流れ

1.望聞問切で施術前の身体の状況診療

気の偏りの強さと方向を探し出します。

 

※望診………

全体の動きや様子・しぐさ・目口手足などの動きを確認します。
  

※聞診………

声の調子・話し方・咳・嗅覚の有無などを確認します。
  

※問診………

いつから始まり、どのような経過なのか、先天要素・既往歴・生活状況などを確認します
  

※切診………

主訴や主訴以外の指標も確認します。

2.鍼灸専用の施術着に着替えていただきます。


3.腹診……………腹部は気の偏りを判断する指標の中で特に重要です。

 

4.腹部接触鍼……腹部に、"はり"を刺入せず、体の表面に軽く刺激をランダムに与えていきます。

 

5.脈の調整………気の偏りと滞りを診ます。六部定位脈診という技術で脈の変化を診ます。

 

6.腹証……………脈の調整後、腹診を再度行い、治療の方針である腹証(治療方針)を立てます。

 

7.背部接触鍼……背部に、"はり"を刺入せず、体の表面に軽く刺激をランダムに与えていきます。

 

8.背部の治療……腹証をもとにして、背部兪穴が配当されている区分に、体の表面に軽く刺激を加えます。      

 

9.腹診……………最初に判断した指標の変化を確認します。

 

10.補助治療………下肢・腹部・胸部・上肢・頚部・頭部などに補助治療を行います。

Mellow_Yellow_Top_Table-498.jpg

WHO(世界保健機関)が鍼灸適応
としている疾患

神経疾患

神経痛、麻痺、痙攣、自律神経失調、神経症、心身症、脳卒中後遺症、頭暈、肩こり。

運動器疾患
関節炎、関節症、肩関節周囲炎(五十肩)、関節リウマチ、ぎっくり腰、頸筋強直、むち打ち症、捻挫、腱鞘炎、腰痛症、外傷後遺症。

循環器疾患

心悸亢進、高血圧、低血圧、動脈硬化症、動悸、息切れ。

消化器系

口内炎舌炎、歯痛、胃腸炎、胃アトニー、胃下垂、胃酸過多、胆石症、肝機能障害、肝炎、十二指腸潰瘍、下痢、便秘、痔疾患。

呼吸器疾患

風邪、風邪予防、咳嗽、鼻炎、偏桃炎、咽頭炎、気管支炎、気管支喘息。

泌尿器疾患

ネフローゼ、腎尿路結石、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大、陽萎(インポテンツ)遺精、性機能障害。

内分泌疾患

尿崩症、バセドウ病、糖尿病、脚気、痛風。

皮膚科疾患

皮膚炎、蕁麻疹、ヘルペス、おでき等。

産婦人科

不妊症、月経不順、生理痛、冷え症、更年期障害、妊娠悪阻(つわり)、胎位異常(逆子)、乳腺炎、乳汁分泌不全。

小児科

小児神経症(疳の虫、夜泣き症など)、小児喘息、虚弱体質。

眼科

仮性近視、眼精疲労、眼瞼縁炎(ただれ目)、麦粒腫(ものもらい)、結膜炎、弱視。

耳鼻咽喉科

耳鳴、難聴、メニエール病、鼻炎、中耳炎、鼻血、副鼻腔炎。

©2021 by haya治療院。Wix.com で作成されました。